手指のケガ(突き指)

「突き指」は何らかの外力が手指に加わったことによるケガの総称です。[突き指」の中には骨折や靭帯損傷、腱断裂などが含まれるため病態ごとの鑑別が必要です。とくにスポーツで起こる突き指は軽視される傾向にあるので、適切な処置がされないと後遺症を残すことがあります。

マレットフィンガー(槌指、ベースボールフィンガー)

写真は骨性マレット指の外観
腱が切れてDIP関節が下に垂れ下がっています。

マレット指は第1関節を伸ばす腱(終止腱)が切れた状態です

症状は第1関節が曲がったままで腫れや痛みがあり、自分で指を伸ばそうとしても伸びません。

マレットフィンガーには腱が切れるタイプ(腱性マレット)と骨折を伴うタイプ(骨性マレット)があります。腱性マレットでは一般的に保存療法(6~8週の固定)が行われますが、骨折を伴うタイプでは手術を進められることが多いです。

固定はDIP関節(第1関節)を伸展位で保持する固定を終日装着します。指の背側(上側)の皮膚トラブルが起きやすいため定期的に清拭を行い、6週から8週間固定を継続します。

中節骨掌側板裂離骨折

中節骨掌側板裂離骨折 特徴的なPIP掌側の皮下出血

PIP関節(第2関節)に過伸展の力が加わることにより
掌側板が損傷します。

突き指で最も多い損傷です。ボールが当たって指に過伸展外力が働くことにより、指の過伸展を止めている掌側板という組織が損傷されます。ひどいときには裂離骨折を伴います。症状としてはPIP関節(第2関節)掌側部に腫れや痛みがあり、皮下出血が出現します。

PIP関節(第2関節)は屈曲拘縮(曲がったまま動かなくなる)が起きやすいので痛みが引いてきたらなるべく早期から自動運動を開始します。当院では患者様の生活背景にあった固定を行い、症状に応じてリハビリを行っていきます。

突き指に対する超音波検査

当接骨院では超音波検査により、突き指に対する正確な病態把握を行っております。超音波検査によりレントゲンでははっきりしない骨のヒビや腱断裂がわかります。

超音波検査の様子

骨折の治療期間を約40%短縮。
20分間超音波治療器を骨折部に直接あてます。痛みなどの刺激は全くないため子どもでも安心してご利用可能です。

当院の酸素カプセルは中川区・港区で唯一の最新型酸素カプセルです。通常の酸素カプセルよりも高濃度酸素を実現し早期回復を促します。

  • 1
    固定中の治療

【保険内治療】

①固定中は関節を動かさないことにより筋肉の硬さなどが生じます。固定が外れた後に関節が硬くなり動きが悪くなることを予防することが早期回復に絶対必要になります。硬くならないよう早期からリハビリ治療をすることが重要です。

【以下は保険外治療になります】

1日でも早く回復されたい方向け

超音波骨折治療器(オステオトロン) 300円/1回

骨折に対する最新の専用治療器であるオステオトロンを使用することで骨折の早期回復が期待できます。(骨折の治癒期間を約40%短縮)。

酸素カプセル治療 2000円~/1回

世界のトップアスリートがケガの治療で使用し早期復帰を実現している酸素カプセル!

1日でも早く骨折を回復させたい方が使用し早期復帰を実現しております。

  • 2
    固定が外れてからのリハビリ(保険治療

固定により手首や指の筋力低下や可動域制限が生じます。当院ではリハビリ専門職である理学療法士の資格をもった施術者が状態にあわせた適切なリハビリ治療を行っております。しっかりとリハビリを行うことによりほとんどが日常生活に支障ない状態まで回復することが可能です。

スポーツ復帰にむけたアスレティックリハビリテーションも積極的に行っているためスポーツをされている方も安心して治療をお任せ下さい。

当接骨院での治療の実例           

マレットフィンガー指(突き指)
第一関節の指が曲がった状態で伸ばせない・・

ボールが指に当たって受傷(突き指):指の伸筋腱断裂

整形外科へ受診されレントゲンでは異常がなく、マレットフィンガー指(指の伸筋腱断裂)と診断。固定をされたが固定が取れてしまったり、細かい説明などがなかったため当院を受診。

当院で固定を確認させていただいた所、固定範囲や指の固定肢位が不十分であり患部が十分に安静を保てていない可能性があったため固定を再作成させていただきました。

マレットフィンガー(突き指)では指の腱が切れてしまい第一関節が曲がった状態となり自力で伸ばせない状態となっています。そのため受傷後初期に固定でしっかりと伸展位を保持できるように固定管理を行い絶対に自分で外したりして指が曲がらないように管理することが最も重要になります。(まだ切れた腱がくっつく前に指を曲げてしまうと腱がくっつかず固定を外しても指が自力で伸ばせない・・ということになってしまいます)

病院では切れた腱がくっつくかどうかはわからないが、特に動かなせなくなっても日常生活には支障がないと言われたそうですが、しっかりと固定管理を行えばほとんどの場合回復が期待できます。

今回の症例では、早期回復のためにオステオトロンの治療も行い、超音波エコー検査で患部の状態を評価しながら4週、6週、8週で固定を変更しリハビリ治療を並行して行っていきました。

来院後約3ヶ月で指の曲げ伸ばしともに動きが改善され日常生活でも全く痛みもなく支障がない状態まで回復され終了といたしました。

 

【マレットフィンガー指の治療で重要なこと】

・適切な固定肢位での固定

・患部の状態に合わせた適切な固定期間

・自分で勝手に外したりして動かさない

・固定後に硬くなった指の可動域訓練

 

※受傷後初期にこれらをしっかりと行うことで、ほとんどケースでケガ前の8割以上までは改善され、日常生活や見た目からも支障がない状態になると思います。

当院へは病院へ受診したが、十分な説明がなかったり、この固定で大丈夫なのか・・などの不安から当院へ来院される方が多くいらっしゃいます。

マレットフィンガー指の治療にはより専門的な知識と病態把握が必要となりますので、治療に不安を感じた場合はお気軽にご相談下さい。

名古屋市港区・中川区を中心に、

突き指を含む外傷による痛みでお困りの患者様にも多く来院いただいております。

気になる症状がある方は、森ファミリー接骨院にご相談下さい。

森ファミリー接骨院
のご案内

名古屋市中川区東起町4丁目121-4

サイドメニュー