ストレートネック
~首の痛み~
森ファミリー接骨院
(名古屋市中川区・港区)

ストレートネックとは

ストレートネックとは、正常な首の骨(頸椎)が「く」の字のように前にカーブしているのに対し、頸椎がまっすぐ(ストレート)になってしまった状態のことです。

近年ストレートネックが増えている原因は、スマホ(スマートフォン)を長時間みていることから別名:”スマホ首”とも言われています。

ほかにもデスクワークや下を向いての作業など、うつむいた状態は、頭を支える首に大きな負担をかけ、首のカーブが次第に失われストレートネックを引き起こします。

こんな症状でお悩みではありませんか?

首こり、肩こり、背中のこりがつらい

めまい、頭痛がある

・頭が前にでて、猫背である

・手のしびれが出ている

・天気が悪いと症状がひどくなる

握力が低下してきた

・顎が痛い。口を開けるとカクカクと音がなる

※病院でストレートネックと診断された

ストレートネックをほおっておくと生じやすい症状

①めまい

首まわりの筋肉が硬くなると血管や神経も圧迫され、耳の中にある三半規管への血流が減少することでめまいを生じることがあります。また平衡感覚も乱れめまいを感じます。

②脳への血流が不足する

首から肩にかけての筋肉が常に緊張状態になると、血管が圧迫されることで脳への血流が不足し、ボーっとしやすくなったり、疲れが取れない、うつ病など脳への悪影響が懸念されます。

③頭痛(緊張性頭痛)

首こりや肩こりは脳への血流を悪くして頭痛を引き起こします(緊張性頭痛)。また首から肩にかけての筋肉が常に緊張状態になっていると、交感神経が優位となり自律神経の乱れから頭痛を引き起こしやすくなります。

④耳鳴り

首まわりの筋肉が過剰に緊張状態になると、筋肉に囲まれた血管が圧迫され耳の内耳(蝸牛)への血流が不足して耳鳴りを引き起こしやすくなります。

 

⑤顎の痛みや動かしにくさ

ストレートネックとなると首が前に突き出した状態となり、顎の関節に負担がかかり口が空けにくい、口をあけるとカクカクと音がなるなどの顎関節症の症状が生じることがあります。

ストレートネックになりやすい原因

・頭・首が前にでてしまっている姿勢をとりやすい

・スマホやパソコン作業をする時間が長い

・猫背などの不良姿勢

・前胸部・肩甲骨周囲の筋肉が硬い

・体幹(腹筋・背筋)の筋力が弱い

・体を動かしたり、運動する機会が少ない

当接骨院でのリハビリ治療

 

ストレートネックでは、姿勢が悪い場合が多く、首から肩にかけて筋肉が張りやすいです。

この状態で日々を過ごしてしまうと、常に筋肉に負担をかけてしまい、なかなか症状が減ってくることはありません。

姿勢としては頭が前に出てしまっていることが多いので、首から鎖骨、肩甲骨にかけての筋肉の柔軟性を確保し、必要であればトレーニングなどもしていくことが重要です。

また、スマホやパソコン作業などが多い方は、悪い姿勢にならないように普段の生活から注意することが大切です。

ただ筋肉の張っている箇所だけを揉んだり、痛みのあるところだけほぐすようなマッサージやストレッチでは、一時的な効果しかありません。

そのため、ストレートネックによる症状を改善するには、痛みにアプローチした施術ではなく、痛みの原因にアプローチした施術でないと、根本改善できません。

痛みを取り除きながら、正しい骨格の状態に戻してあげる事で、再発しない体作りを行って行きます。

当院では、電気治療に加え、ハイボルテージを併用する事で、効果的な施術を行っております。

名古屋市港区・中川区を中心に、ストレートネックや首の痛みでお困りの多くの患者様に来院いただいております。

気になる症状のある方は、森ファミリー接骨院へご相談ください。

森ファミリー接骨院
のご案内

名古屋市中川区東起町4丁目121-4

サイドメニュー