野球肩

投球障害肩とは

投球障害肩とは、投球に伴う肩関節疾患の総称で、その病態は様々なものがあります。(腱板、関節唇、関節上腕靭帯、肩峰下滑液包、上腕二頭筋長頭腱、腱板疎部など)主訴は痛みであることがほとんどです。安静時痛や圧痛(押したときの痛み)があればそこの部位に炎症があると考えられますし、運動時痛があればなんらかの力学的ストレスにより痛みが引き起こされていると考えられます。

肩関節は骨性に安定した関節ではないため、周りの軟部組織(筋肉や靭帯など)が安定させています。そこの軟部組織の機能が低下すると肩関節は安定しなくなり様々な病態を引き起こすと考えられます。

投球動作もいくつかのフェーズに分けることができ、どのフェーズでどこが痛いかをしっかりと評価して判断する必要があります。

投球フェーズと障害

投球動作はフェーズⅠ~フェーズⅥまでの6期に分けられます。

投球障害は主にフェーズⅠ~Ⅲまでは前方要素、Ⅲ~Ⅴまでは前方、上方、後方要素、フェーズⅤ~Ⅵは後方要素にストレスが大きくなり各部位に損傷が生じます。

投球障害肩発症のメカニズム

投球過多、フォーム不良、全身的素因より肩関節に負荷が加わり発症します。投球過多であれば投球数を減らせばいのですが、フォーム不良が原因である場合、投球フォームを改善しなければいくら投球をやめて休んだとしても再開すればまた痛くなってしまいます。なので、ケガをしにくくなるような投球フォームで投げる必要があり、悪いフォームになってしまう原因を改善する必要があります。その原因も肩回りだけでなく、体幹や、股関節、足関節など様々あります。

 

例として、投球時の加速相(Ⅳ相、アクセラレ―ション期)~ボールリリース時に痛みがある選手がいます。肩甲骨の動きが悪く、腕を上にあげると肩が痛いと言われていました。その選手の投球フォームをよく見てみると、股関節の伸展(後ろにそらす動き)の可動域制限がとても強く、それにより体幹の動きも制限されたため肩甲骨の動きが悪くなり腕を過剰に使って投げてしまって痛みが出たと考えられました。そのためまず最初にその選手には股関節のストレッチと体幹のストレッチを指導しました。ある程度可動域が出てきたら正しいフォームで投げられるように指導をしていき、痛み無く投球ができるようになりました。

この様に、股関節が原因で肩が痛くなるなどもあります。

当接骨院での治療方針

痛みを引き起こしている部位を超音波エコー検査や徒手検査等で特定していきます。

次に患部に負担のかかる原因を評価

①肩関節・肩甲骨・胸郭の可動域のチェック

②筋力低下により機能不全を起こしている筋肉の確認

③体幹・股関節周囲の柔軟性をチェック

④負担のかかる投球フォームでないかの評価

 負担のかからない投球フォーム指導 等を行っていきます。

 

患部の状態をしっかり評価した上で治療のプランをご提案していきます。

当接骨院ではただマッサージと電気治療のような治療ではなく、リハビリ専門職の理学療法士の知識と経験を活かし、痛みの軽減と再発予防に特化したオーダーメイドでの治療を行っております。

森ファミリー接骨院のリハビリ治療の特徴

リハビリ専門の国家資格である理学療法士がリハビリを行います。

スポーツ復帰や再発予防にむけたアスレティックリハビリも積極的に行っていきます。

当院は接骨院の国家資格である柔道整復師だけではなく、リハビリ専門の国家資格である理学療法士の資格も取得している全国でもほとんどない接骨院です。接骨院では電気やマッサージだけというイメージもあるかと思いますが、当院ではリハビリ治療に最も力を入れており。肩関節や肩甲骨の可動性訓練や腱板などの筋力トレーニング、投球フォームチェックなども行います。また、肩関節以外の肘関節や股関節、体幹など全身もしっかりチェックします。

野球肩で痛みを生じる方には姿勢が悪かったり、関節の柔軟性がなく体の使い方が上手く使えていない方が多くいらっしゃいます。そのため一人一人の関節の硬さや筋力のバランスなどを総合的に評価して再発予防も含めた最適なリハビリ治療を行います。

必要に応じてスポーツ整形専門の病院と連携をとり当院にてリハビリを行っていきます。

整形外科専門病院での豊富な野球肩(投球肩)の治療経験(手術後・保存療法ともに治療可能)

リハビリスタッフ約40名の整形外科にて勤務(役職:リハビリ科チーフ)

名古屋市でも多くの野球肩(投球肩)の手術実績を有する整形外科専門病院にて約10年間勤務しており、野球肩のリハビリや手術後のリハビリ経験も豊富。投球障害専門のセミナーにも多数参加しておりリハビリ治療はお任せ下さい。

投球フォームの動作分析も行い、ケガの原因となった要因をしっかりと評価し根本的な解決にむけたリハビリ治療も行っています。

早期回復が期待できる最新の治療機器がある!

名古屋でもほとんど導入されていない1.5気圧タイプの高濃度酸素カプセル

当接骨院では野球肩などを含む組織の修復を早める専用の超音波機器や早期回復に多くのアスリートが使用している高濃度酸素カプセルを取り揃えております。肩野球肩からの早期回復やスポーツへの早期復帰を目指すことが可能であり名古屋市外からも多くの方にご来院いただいております。

またピッチャーなど試合の連戦で疲労回復を目的にご利用になる方も多くみられます。

名古屋市港区・中川区を中心に野球肩でお困りの多くの患者様に来院いただいております。

気になる症状がある方は、森ファミリー接骨院へご相談下さい。

森ファミリー接骨院
のご案内

名古屋市中川区東起町4丁目121-4

サイドメニュー