腰部脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症とは、脊髄の通り道である脊柱管が狭くなることが原因で、腰部や下肢に痛みやしびれなどの症状が出現する病気です。

脊柱管とは、背骨、椎間板、関節、靭帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。年齢を重ねると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、靭帯が厚くなって神経の通る脊柱管を狭くして、それによって神経が圧迫を受けて神経の血流が低下することにより発症します。

椎間板ヘルニアに比べて、中高年に発症することが多いです。

症状

腰部脊柱管狭窄症では、長い距離を歩くことができません。

最も特徴的な症状は、歩行と休息を繰り返す間欠性跛行です。しゃがんだり、前かがみの姿勢になり休息をとると症状が緩和され再び歩き出せるようになります。(姿勢に関係なく休息をとるだけで下肢痛が軽減される場合、閉塞性動脈硬化症などの末梢動脈疾患の可能性があります。)

腰部脊柱管狭窄では腰痛はあまり強くなく、安静にしている時にはほとんど症状がありませんが、背筋を伸ばして立ったり歩いたりすると、太ももや膝から下にしびれや痛みがでてきます。進行すると下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてりや尿の出が悪くなったり、逆に尿が漏れることもあります

脊柱管狭窄症になりやすい原因(要素)

脊柱管狭窄症になりやすい典型的な不良姿勢

・猫背や腰が反っていて姿勢が悪い

・股関節、足関節などの柔軟性低下

・胸椎(背骨)の可動域低下 

・体幹筋力の低下(特に下腹部の腹筋:インナーマッスルなど)

・股関節の筋力低下

当接骨院でのリハビリ治療

 

脊柱管狭窄症では、腰が反っているのが症状の原因である事が多いのでそこに対してのアプローチを行います。

当接骨院では腰部への治療はもちろんのこと、腰部への負担を減少させるために、胸椎部・股関節部などの腰以外の部分や、動作を中心とした姿勢の評価も行っています。胸椎部・股関節部などの可動性、柔軟性を上げるためストレッチやエクササイズなどを行い、患者様が自宅でも出来る様なセルフストレッチなどの指導も行っています。また、motor control(運動制御)練習も行うことによって体の正しい制御の仕方を覚え腰への負担を減らしていきます。

名古屋市港区・中川区を中心に、腰部脊柱管狭窄症でお困りの多くの患者様に来院いただいております。

気になる症状のある方は、森ファミリー接骨院へご相談ください。

森ファミリー接骨院
のご案内

名古屋市中川区東起町4丁目121-4

サイドメニュー