四十肩・五十肩

四十肩・五十肩とは

医学的に四十肩と五十肩は同じです。

2つとも正式な病名としては肩関節周囲炎といい、肩関節の周りに炎症が起こり、痛みや可動域の制限が認められる症状のことをいいます。

中年以降、特に45~55歳頃に多く見られます。肩関節の炎症がひどく肩の動きがわるくなった方は治るまでに1年ほどかかる方もいます。

よくほおっておけば良くなる・・と言われて何も治療せず、どんどん症状がひどくなってきて来院される方が多くいらっしゃいます。

一度、肩の動きが悪くなってしまうと改善するのにかなりの時間を要してしまうため、できるだけ早く治療を開始することが早期回復に最も重要となります。

四十肩・五十肩の主な症状

・じっとしていてもズキズキと痛む、夜間に痛くて寝られない(炎症期)

・肩の動かせる範囲が狭くなる

・痛みで着替えが困難になる(背中側のファスナーが閉められないなど)

・腕を後ろ側に引くことができない

 

四十肩・五十肩になりやすい原因(要素)

四十肩・五十肩になりやすい典型的な不良姿勢

・猫背や腰が反っていて姿勢が悪い

・肩こり

・肩甲骨の筋肉が硬く動きが悪い

・胸椎(背骨)の動きが悪い

・体幹筋力の低下(特に下腹部の腹筋:インナーマッスルなど)

当接骨院でのリハビリ治療

 

五十肩では、肩関節が硬くなってしまうのを改善する必要があります。

関節には、関節包という関節を包む袋が存在していますが、痛みで動かさないうちに、その部分が硬くなってしまっています。

五十肩では夜間の痛みがあったり、寝返りの際にも痛みがあることが多いため、恐怖心からなかなか動かせない場合もありますが、炎症期をすぎたら徐々に動かしていかなければいけません。

ですので四十肩・五十肩のリハビリは筋肉をほぐし、肩の動きを改善させることを行います。

また、肩の筋力が低下している場合には、筋力訓練も行います。

肩関節には多くの筋肉がありますが、重要なのは「腱板」と呼ばれるインナーマッスルです。

腱板の筋力が低下していると、関節を安定して保持することができなくなり、不安定になります。

そうなると肩関節が正しい位置で動くことができなくなり、痛みがでやすくなってしまいます。

腱板筋に対しては、チューブなどを用いて無理のない範囲で筋力訓練を行います。

痛みがでるほどのトレーニングが必要となることは少なく、軽めの負荷で行うことが多いです。

名古屋市港区・中川区を中心に、四十肩・五十肩でお困りの多くの患者様に来院いただいております。

気になる症状のある方は、森ファミリー接骨院へご相談ください。

森ファミリー接骨院
のご案内

名古屋市中川区東起町4丁目121-4

サイドメニュー