手根管症候群

手根管内における正中神経の圧迫麻痺で最も多い絞扼性神経障害です。屈筋腱腱鞘炎、手の過度の使用、妊娠、骨折後の変形などの要因で発症し、特に中年以降の女性に好発します。

症状

示指、中指を中心に痛みやしびれが出現します。しびれは環指、母指に及ぶこともあります。

これらは明け方に強くなり、手を振ることで楽になります。

症状がひどくなると母指の付け根がやせてきて、縫物やボタン掛けなどの細かい作業が困難になります。

 

軽度:母指球筋に萎縮はないもの。知覚障害あり

中等度:母指球筋に萎縮あり。対立障害(つまみ動作)はなし。知覚障害あり

重度:母指球筋の萎縮、対立障害あり。知覚障害あり

母指球筋の萎縮

しびれが起きる領域です。特に環指の左右で感覚の違いがあるのが特徴です。

当院でのリハビリ治療

骨折などの既往がある場合には特にですが、手関節の可動域が低下している場合には、前腕の筋肉の力が働きにくくなります。

そうなると指を動かす筋肉が過剰に働いてしまうため、手根管の中で摩擦のストレスが大きくなってしまいます。

そのため、手関節の可動域を改善していくことが重要です。

また母指や小指の筋肉の緊張が高くなると、手根管の内圧を上昇させる要因になるため、筋緊張を改善することも行います。

そのほか、手関節だけでなく前腕の動きが悪くなると、手関節が過剰に動きを代償するため、前腕の屈筋群が働きすぎることにより、手根管の内圧が高くなることにつながります。

なので、手関節の可動域はもちろんですが、前腕の可動域の改善も行います。

名古屋市港区・中川区を中心に、

手根管症候群でお困りの患者様に来院いただいております。

気になる症状がある方は、森ファミリー接骨院にご相談下さい。

森ファミリー接骨院
のご案内

名古屋市中川区東起町4丁目121-4

サイドメニュー