肘内障

症状

子供が母親に手を引っ張られた際などに発症しやすいといわれています。中には寝返りをうったりなどささいな外力で生じることもあります。症状として子供が急に手を動かさなくなって受診することが多いです。受傷時の様子を見ていない場合は肘関節周囲の骨折や鎖骨骨折の鑑別が必要になります。

肘内障では肘関節に腫れが生じないのが骨折との大きな違いです。

病態

靭帯から肘の外側の骨(橈骨頭)が外れかかることによって起こります。5歳以下の子供に多くみられます。

治療

早期に徒手整復を行います。手の平を上に向けて肘を曲げていくとコクッとクリック音を感じて整復されます。整復後は自由に手を使えるようになります。仮に徒手整復ができなくても自然整復されることが多いため焦る必要はありません。数日間症状が軽減しない場合は肘内障よりも骨折が疑われるため、当院ではエコー検査にて患部の状態を確認して施術の判断材料にしております。

 

名古屋市港区・中川区を中心に肘内障でお困りの多くの患者様に来院いただいております。

気になる症状がある方は、森ファミリー接骨院へご相談ください。

森ファミリー接骨院
のご案内

名古屋市中川区東起町4丁目121-4

サイドメニュー