ばね指(弾発指)

症状と原因

指は腱によって曲げ伸ばしをすることができます。

屈筋腱には、腱の浮き上がりを押さえる靭帯性腱鞘というトンネルがあります。

そこに炎症が起こると、指の付け根に痛み、腫れ、熱感が生じます。これを腱鞘炎と呼び、進行するとばね現象が生じます。これがばね指です。

腱鞘の部分に摩擦のストレスがかかるため、特に指の曲げ伸ばしにともなって痛みがでやすいです。

とくに更年期の女性におこることが多く、妊娠時、産後に生じることもあります。また、糖尿病、透析患者にも発生し、母指、中指、薬指に多くみられます。

病態

繰り返しの指の使い過ぎにより腱鞘が肥厚したり、腱が肥大し通過障害を起こすため一層症状が強くなります。

腱鞘と腱の滑走障害も起こっているため、人によっては指を動かすのに連動して音が鳴ったり、腱鞘部分での引っかかりが強い場合には、指がまっすぐに伸ばせなくなってしまうこともあります。

あまりにも痛みが強い場合には、注射などが行われる場合がありますが、すぐに手術になることは少なく、痛みのでる動作をなるべく控えながら、リハビリなどで可動性を改善していく保存療法が行われるです。

時として関節以外の基礎疾患の鑑別のため、レントゲン検査なども重要となります。

当接骨院でのリハビリ治療

ばね指で問題となる指を曲げる筋肉は、前腕から始まっています。

手関節や前腕の動きが悪くなると、指の筋肉が過剰に使用されるため、腱鞘での摩擦力が大きくなります。

その摩擦力が継続してかかり続けることで、痛みなどの炎症症状がでてきます。

なので指の周りだけでなく、手関節や前腕の動きも改善していくことが重要です。

手には指を曲げ伸ばしするだけでなく、手首を動かす筋肉も存在しています。

筋肉を柔らかくしていくには、ストレッチをすることが重要ですが、前腕の筋肉は肘の関節をまたいでいるため、注意が必要です。

ストレッチのやり方を間違えなければ、ご自宅でも簡単に行うことができますので、積極的にやっていただくよう指導しています。

ストレッチなどをやりながら、痛みをともなう動作を控えることによって、症状が改善していく例が多いです。

名古屋市港区・中川区を中心に、

ばね指(弾発指)でお困りの患者様に多く来院いただいております。

気になる症状がある方は、森ファミリー接骨院にご相談下さい。

森ファミリー接骨院
のご案内

名古屋市中川区東起町4丁目121-4

サイドメニュー