オスグット(膝前面の痛み)
森ファミリー接骨院(名古屋市中川区・港区)

オスグットとは

オスグットは小学校高学年~中学生の子どもに多く発症します。特にスポーツを激しく行っている子供に発生しやすい代表的な成長期特有のスポーツ障害です。

脛の骨の出っ張り部分(脛骨粗面)に圧痛があり、最初は運動後に痛かったのが症状が悪化するにつれ運動時や安静時にも痛みが生じるようになります。

疾患の性質上発育の停止とともに症状が軽快するので後遺症を残さずに治療することが大切になります。

オスグットになりやすい原因

≪オスグットになりやすい姿勢≫

オスグットになりやすい原因としては、身体の硬さがあります。

特に脛骨粗面に直接付着している大腿四頭筋が硬くなっていると、サッカーなど膝を強く曲げ伸ばしする動作が頻繁に行われるスポーツで受傷する可能性が高くなります。

また、股関節や上半身の硬さがある場合には、上半身の勢いを下半身に円滑に伝達できないため、膝ばかりに負担が集中する場合があります。

症状

オスグッドの症状は、

・膝を伸ばす、ジャンプ、走るなどの動作で脛骨粗面部が痛む

・痛い部分の骨が徐々に出てくる

・赤く腫れたり、熱感がある

・スポーツをしないと痛みが落ち着く

オスグットになった際の注意すること

 

オスグットはスポーツを盛んに行っている子どもに多いですが、なかなか運動を休めないといった理由で痛みを我慢しながら運動を継続していると、どんどん症状が悪化してしまいます。

痛みや腫れなどの症状が強い場合には、我慢せずに一定期間運動を休止することも大切です。

患部にはアイシングなどを行いながら、下半身を中心とした柔軟性の改善を行っていくことが重要です。

当接骨院でのリハビリ治療

オスグットでは、膝の曲げ伸ばしの動きに伴う大腿四頭筋への過剰な負担により、脛骨粗面にストレスがかかります。

なので、まずは大腿四頭筋をストレッチなどで柔らかくしていくことが重要です。

このストレッチは自宅でも比較的簡単に行うことができるため、必ず指導しています。

また、下半身だけでなく上半身も重要です。

オスグットになりやすい子どもの場合は、まだ身体が成長途中であるため体幹の筋力が十分についていない場合が多いです。

たとえばサッカーのキック動作では、強いボールを蹴り出すために、体幹の力が下半身へとスムーズに伝達されることが大切です。

そのように体幹の筋力低下や、バランス能力が悪い場合には、力の伝達が正しく行われないため、大腿四頭筋に過剰な負荷がかかります。

なので、膝周りだけでなく体幹のトレーニングや、バランスディスク等での基礎動作の練習も行っていきます。

名古屋市港区・中川区を中心に、オスグッドでお困りの多くの患者様に来院いただいております。

気になる症状のある方は、森ファミリー接骨院へご相談ください。

森ファミリー接骨院
のご案内

名古屋市中川区東起町4丁目121-4

サイドメニュー